テナント料を考える

テナント料を考える

テナント料を考える

どんなお店であってもその経営に大きく関わってくるのはテナント料とか家賃とか言う物件にかかる費用だと思われます。美容室をオープンさせる時に経営者はまずは立地条件を考える事でしょう。お客さんが如何にも来てくれそうな立地条件の物件は当然そのテナント料は高くなるものです。それはそこを借りたい、と思う経営者が競合するので高く設定しても借主が見つかると持ち主が考えるからなんですね。逆にあまり立地条件が良くない所、たとえば交通が不便であるような物件であれば、なんとしてでも借りてほしいと持ち主も思うので、とりあえず安い家賃が設定されている事が多いものです。このテナント料の差と言うのは経営者にとっては悩めるところです。毎月かかってくる経費なのでその負担は大きいものです。集客が見込めなければそのテナント料は支払えません。美容師の腕が良く評判が良ければ客は来る、と安易に考えるのは危険でしょう。逆に場所が良ければ人が来るか、と言えばそうとも言えません。場所が良い、と言う事は多くの美容室が同じことを考えてその地区の美容室の件数が良い、つまりライバル店が多い地域となってしまう可能性があります。何が良いか、とは言えませんが、いかに経営者が賢くリサーチして現状を見ているか、と言う事が大切なのではないでしょうか。

 

一日の客数

 

低料金の美容室と言うのはそれなりに低料金でも儲けがあるように色々と考えられているのですが、その工夫の一つにお客さんの回転率を上げる、と言う事を考えている所が多いのです。一般的な美容室ではお客さんはカットだけでも一時間半ぐらいは美容室に滞在します。カウンセリングをしてシャンプーをして、カットをして、スタイリングをして、と言う流れであればそのぐらいかかってしまうのはもはや当たり前です。ですがそこをカットのみに特化している激安美容室では30分程度で済ませてしまうところまります。つまり一般的な美容室で一人のお客さんを担当している間に激安美容室であれば3人のお客さんに施す事が出来る計算となります。これが激安美容室の特徴と言えるでしょう。そして単純にサービスや不必要な施術をなくしているだけではなく、美容師のカット技術の速さも大いに関係していると思われます。実は激安でありながらもお客さんがそんなに仕上がりに不満な気持ちを抱かないのには、美容師の技術ががそんなに悪い訳ではない、と言う事があるからだと思うのです。単純に計算して一日に一般的な美容室の三倍のお客さんをカットしているとしたら、その美容師の経験値は三倍以上になる、と言えます。つまり美容師が腕を磨くにはとても良い環境と言えるんですね。

 

注目のサロン

 

新宿にある注目美容院

新宿にある美容院

柏にある注目ネイルサロン

柏にあるネイルサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ