初来店だけでは儲けにならない

初来店だけでは儲けにならない

初来店だけでは儲けにならない

美容室の経営者なら誰しも「リピート率」と言うのが気になる所だと思います。リピート率というのはその名の通り次回も来店してくれるお客さんの割合の事ですね。どんなに新規のお客さんをクーポンの発券などで集めたとしても、そういったお客さんがもたらす利益と言うのはそんなに多くはないものです。それはクーポンを発券しているのであれば、その時点で利益は少なくなっています。そして初めて来店するお客さんにとって新しい美容室と言うのは「お試し」と言う感覚が強いものです。ですから最初から「パーマも、カラーも」と単価の高いメニューをオーダーするお客さんと言うのは少ないものです。とりあえずカットだけこの美容室へいってみよう、クーポンも有ることだし、と思って来店する人が殆どなんですね。そうすると美容室にとってはそれだけで終わる人ばかりでは利益は膨らみません。次回も、そしてさらにその次も、となると段々とオーダーしてくれるメニューも単価の高いものへと移っていくはずですし、常連さんとなってくれればお店の方でも利益の予想が立てやすくなります。一度常連さんとなれば、来店するサイクル、というのが自然とできてくるものですからね。ではどうすれば初来店してくれたお客さんは次回も来店してくれるのでしょうか?

 

割引の効果

 

美容室でのリピート率を上げるためには、単純に言えば「次も来たい」とお客さんに思わせる事なんですよね。ところがこれが意外と難しい、と気付いている経営者の皆さんも多いのではないでしょうか。もしも簡単にそれが出来るのであれば、どこの美容室の経営も上手くいっているはずなのですが、数字上では多くの美容室が経営難に陥って閉店に追い込まれているようです。ではどうしてそういう事になるのか?おそらくどこの美容室でも「次も来てもらうための工夫や努力」をしていると思うのです。それでもなお上手くいかない、というのは、その方法が間違っている、と考えた方が良いでしょう。次にも来たいと思う工夫の一つとして、多くの美容室がやっているのがクーポンを使っての割引です。初回来店も含めて三回までは何割引き、といった感じで取り入れている所も多いのです。ですがお客さんもそんなに単純ではありません。安いから行ってみたい、と思うのは、おそらく最初だけです。一度行ってみた美容室に対しては、きちんとお客さん利に評価し、その結果気に入ればたとえ割引が無くても来店するでしょうし、どんなに割引率が良くても気に入らなければもう来店する事はないでしょう。割引=集客、と言う考えかたで失敗している美容室も多いのではないでしょうか。

 

ピックアップ !!

 

技術に定評のある美容院[鶴瀬]

鶴瀬にある美容院

カットに定評のある美容院[岩槻]

岩槻の美容院

カラー・パーマに定評のある美容院[中目黒]

中目黒にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ