美容師のランク

美容師のランク

美容師のランク

良く言われている美容師と言う業界では上下関係が厳しい、と言う事ですが考えようによっては一般企業と変わりはないかもしれません。まず新人のうちに美容室に採用されると、アシスタント、という立場からスタートするのが普通です。アシスタントとはいわゆる見習いのことで、まだお客さんに対して実際に何かする事はできませんが、自身の技術を磨くための練習をしながら店内の雑用をこなす、という立場ですね。もちろん技術を磨いていくとともにそのランクはアップしていずれはスタイリストとしてデビューする事ができます。そのスタイリスト、と言うポジションは実際にお客さんに施術をする人の事で、その中でもテクニックや指名の数などでランク分けされている事もあります。トップスタイリスト、という言葉を聞いたことがあると思いますが、スタイリストがさらに昇格した時の呼称として使われていますね。スタイリストやトップスタイリストの仕事はお客さんへの施術も有りますが、後輩の指導も大切な仕事です。アシスタントが早くスタイリストになれるように閉店後に指導をするのも仕事です。私達が見えない姿のひとつですね。またさらに店長と言う立場にまでなれば、もはやお客さんの施術だけではなくお店の経営全体についてもとりしきらなくてはならないポジションとなります。

 

必要な資格

 

美容師、と呼ばれるようになるには国家試験に合格している事が必要となります。美容専門学校を卒業していれば一定の技術が身に付きそれだけでも美容師と呼べるのではないか?と思いますが、わざわざ国家試験を課しているのには理由があるようです。それは髪の毛に対して施術をする美容師の技術は、人の肌に触れる仕事でもあります。そう言った面で髪を切る技術だけではなく、人の身体について、衛生面について、使用する薬剤についてもきちんと学んでおく必要があるんですね。ですから一定の技術を知識を身に付けている、と試験で認められた人だけが、実際にお客さんの髪の毛に触れる事ができるのです。美容師免許を取得した人が誰でも美容師として活躍できるのか、というと、さらなるレベルを目指した方がより幅広く活躍する事ができます。ヘアスタイルだけがキレイになってもそのお客さんの外見がすべてキレイになる訳ではありませんからね。たとえばメイクやネイルなども施せば、トータル的にお客さん素キレイにしてあげる事ができます。そのためにメイクやネイルの検定試験を受けたり、着付け師の資格を取得したりしている美容師も多いものです。そう考えると美容師はかなり色々な事を勉強しているものなんですよね。

 

美容院・美容室の予約はこちら

 

吉祥寺のヘアサロンの予約はこちら

吉祥寺にあるヘアサロン

府中の美容院の予約はこちら

府中にある美容院

三軒茶屋のヘアサロンの予約はこちら

三軒茶屋にあるヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ