あるべき美容師の立場

あるべき美容師の立場

あるべき美容師の立場

みなさんは美容師を探す時にはどんな事を基準にして探しますか?人によっては料金にこだわる人もいるでしょうし、美容師の雰囲気にこだわる人もいるでしょう。ですが美容室と言う所は大袈裟に言えば自分の体の一部を預ける場所だ、と言っても良いでしょう。自分の髪の毛や頭、顔というのはとても大切な部分です。それは医学的とか生物学的にも大切ではありますが、自分の外見を考える時にも、自分にとっても周囲の人にとっても大きな影響を与える部分だと言えるでしょう。ですからその部分に何かを施してもらう、それを預ける相手として存在する美容師は、自分にとってはとても大切な人である、という事になると思うのです。お店の雰囲気も料金も勿論大切ですが、そこで誰に自分の髪の毛や頭や顔を預けるか、という事はほんとうはもっと慎重にならなければならないことかもしれません。また逆に美容師はそれだけの責任を持ってお客さんの施術に当る立場の職業なのだ、という事をきちんと自覚しなくてはならないでしょう。そのために美容師は資格を取る為にはハサミ捌き以外のジャンルでも多くの事を学び、技術も知識も身に付ける事を求められているんですよね。たた見栄えのする姿をしてカッコよくハサミを持っていればよい、というわけでは無いと思われます。

 

美容師のあるべき姿

 

美容師のイメージは?と聞かれると、多くの人が「カッコよい」「キレイ」「おしゃれ」といった言葉を思い浮かべると思います。憧れの職業としてこれだけ過酷だと言われながらも美容師になりたい、という言葉が聞かれるのもそこに華やかさを感じるからかもしれません。そしてその華やかさと同時に並べられる言葉には「チャライ」「遊び人」といったイメージも付き纏います。それは実際に外見だけを見て「チャラそう」「遊んでそう」というわけではなく、実際にそういう美容師がいるからそういうイメージが付いて回るのだと思われます。確かに美容師は職業上人に憧れの気持ちを持ってもらえるような外見であることが求められたり増します。ファッションリーダーとかトレンドの先端を行っているとか、そういった事でしょう。ですがそれと本質的にまじめにお客さんのヘアスタイルを作ることに取り組んでいるか?という事は少し違うと思ってしまうのです。オシャレな人がすべて遊び人にに見えるか、と言うとそうではありませんし、逆にシンプルなファッションをしていてどちらかと言うと地味に見える人でも愚直に自分の仕事に取り組んでいる人もいます。そしてそういった人も十分に魅力的に見えるものです。美容師だというだけで自分の能力やポジションを過信しているのは美容師として少し残念ですよね。

 

PICKUP SITE !!

 

門前仲町でおすすめの美容院

門前仲町にある美容院

与野本町で人気の床屋

与野本町の床屋

綾瀬にある床屋が人気

鶴瀬にある床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ