経費と出会い

経費と出会い

経費と出会い

美容室において、新しく美容師を雇い入れる必要がある、となった時には何らかの方法で求人を出さなくてはいけません。その時に経営者として頭をよぎるのは疎の求人の為にかかる経費です。一人雇い入れたいだけなのに莫大な経費が掛かるのは経営者としては賢いやり方ではありません。かといって経費の事ばかりを考えていたら良い人材に巡り合えない可能性も大きいものです。ですから求人を出す時の経費、というのはいかに効率よく良い人材に出会う事が出来るか、と言う事を考えなくてはならないのです。よい人材に出会いたい、と思うのであれば、美容室が望んでいる様な人物像の人にいかに美容室の求人情報を早く確実に届ける事が出来るか、と言う事なんですね。たとえば若い新人の美容師を募集したい、と思っているのに、若い人が全く読まない新聞の求人欄に掲載しても意味がありません。インターネットを駆使して生活している世代の美容師を求めているのであれば、はやり求人はネットで掲載するのがベストでしょう。求人の経費を考える時には、いかに経費を抑えるかも大切ですが、どの方法が一番求めている人材を確保できるか、と言う事を考えなくてはなりません。安い掲載費を長々と支払い続けていつまでたっても求めている人材を獲得できないのは、経費の無駄遣いとなります。

 

新卒の美容師を狙う

 

美容室で求人を出す時にはできるだけ経費を掛けたくない、と考えるところが多いと思います。美容室はそもそも大企業とは違いますし求める美容師の人数も一度に何十人、と言う事はほとんどありません。あるとしたら企業型の美容室で本部が一括して募集する、と言った感じの所だと思います。ですから特に個人で経営している美容室ならば、どうしてもできるだけ経費は削減したい、と考えるのが当然でしょう。そこでお金を掛けなくても求人が出来る方法の一つに、新卒の美容師を狙って美容専門学校に求人をお願いする、と言う事ですね。美容専門学校ではほとんどの学生たちが美容師を目指していて、国家試験に合格すれば美容師として働く先を求めている場所です。一般の大学生たちと同様に彼らも卒業するにあたっては働く先を探す、いわゆる就活をするのですからそういう情報が必要です。ですがここでは新卒、つまり新人の美容師しか獲得できない、というのが美容室にとってはデメリットとなるでしょう。美容室の場合に多いのは、「美容師が足りないから即戦力となる美容師が欲しい」と言う事が多いのです。新人の美容師をいちから育てたい、と考える美容室の割合は、そう大きくは無いように思います。将来の事を見据えて人数を確保したい、そして新人を雇う余裕のある美容室なら良いのですけどもね。

 

おすすめサロン

 

池袋といえばここの美容院

池袋にある美容院

目白の有名な美容院

目白の美容院

清澄白河で人気な美容院

清澄白河にある美容院

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ